So-net無料ブログ作成

あなたもキレイになる努力を続けるうちに、不思議ともっとキレイになりたい!という気持ちが増して、ますます魅力が増していきます。

キレイな女性には例外なく努力されてる方が多いですよね。感心してしまいます。

いつでも美しく、自信に満ちた、清々しく、若々しい表情をアイテムがもたらしてくれます。

恋したときのヘアスタイル [巻き髪]

かわいい女に見られたいって多くの女性がそう思ってます。恋をするとキレイになるっていわれますが、好きな人ができると、メイクやファッションや立ち振る舞いもビィビィドになるものです。

最近の女性の中には、相手に合わせるより、自分のスタイルを大切にして、ありのままの自分の個性を認めてほしい、と考える人も多いようですが、やっぱり好きになったら、その人の好みのスタイルに近づけたいと思うのも、女性ならではの心理です。一般的に男性に好まれるヘアスタイルはロングヘアだといわれることが多いようです。
すらっと長く伸びた綺麗な髪は男性には無いもの。自分では得られないものには、誰でもあこがれますし、長めの巻き髪の色香が好きだとか、髪から香るシャンプーの匂いが良いという方もいらっしゃるようです。

でも大部分の男性がロングヘアを好きだと言うわけではありません。中にはショートヘアが好きな男性もいますし、その人に似合う髪型ならいいんじゃないか、という男性もいます。好きな人の気に入っているヘアスタイルにしたいと思ったら、それとなく本人に聞いてみるのがいいでしょう。恋人同士なら気軽に聞くことも出来ますし、片思いの相手だったとしても、ちょっとした会話のきっかけになりますよね。

でも、相手の好みの髪型が、どうも自分には似合いそうも無いときには、むりに相手に合わせるのはやめたほうがいいでしょう。自分らしい髪型で、自信がもてるヘアスタイルのほうが、ずっとあなたが素敵に見えるはずです。今のヘアスタイルが魅力的な貴女を作っているのなら、相手に合わせて変える必要はないんです。一応好きな人の好みも知っておいてもいいかな、と言う位の気持ちでいるのがいいでしょう。


巻き髪が短時間に簡単に仕上がる・・・ [巻き髪]

短時間で自分で巻き髪ができるなら、「やってみたい」って思いませんか?

まず髪全体を2つの毛束にします。さらにそれぞれを2つの毛束に分けます。そしたら巻き始めますが、まず、バックに分けた方の髪をコテでフォーワード巻きにします。フェイスライン側の毛束もフォーワード巻きに巻きます。

顔周りの髪は、顔の輪郭に沿ってフォワードに巻いていきますが、こうすることによって小顔効果が出るんです。簡単に巻き髪が出来て、しかも小顔に見えるなんて、嬉しいですね!最後に巻き髪をナチュラルな、ゆるふわ巻きにするための仕上げです。それは巻き終わった髪をほぐすことです。ここで巻いた髪をいったんほぐすことで、ふんわり自然な巻き髪が出来るんです。

仕上げに少量のワックスやヘアクリームをつけて、ほぐします。このとき付けすぎだけは避けてくださいね。いかがですか?
これなら朝の忙しいお出掛け前でもササッとできますね。
ぜひ覚えてフワフワ巻き髪でさわやかな一日をスタートさせて下さいね。


コンサバ系ヘアスタイル [巻き髪]

「モテる髪型にしてください」なんて美容室でオーダーする女性もいるようですが、モテ髪ってどんな感じのことをいってるんでしょうか?コンサバ系っていわれている髪型が、もてる髪型のようですね。でもコンサバ系っていったい・・・。

実は、コンサバというのは、コンサバティブの略語で、控えめとか保守的などの意味なんです。髪型に限らずファッションでも、流行りやトレンドに流されないベーシックなスタイルの事らしいです。そして最近のコンサバの流行りは「お嬢様系」らしいです。

つまり最近流行りのモテ髪はお嬢様系のふんわりクルクルエアリーな巻き髪スタイルという事みたいですね。エビちゃんとか押切もえさんなどの読者モデルさんで人気の髪型がこの巻き髪です。

巻き髪だけでもてるとはいいませんが、髪で印象ががらりと変わるのは間違いないです。もちろん、メイクやコーデも研究してトータルでモテかわになっちゃいましょう。


自分で巻き髪を作る方法 [巻き髪]

巻き髪って上品でお嬢さまっぽいイメージがあって、自分では無理って思いこんでませんか?巻き髪のやりかたは、案外簡単でやりかたを覚えれば、自分でもびっくりするぐらいのイメチェンになりますよベースをきれいめのストレートにすると巻き髪もキレイに作れます。まずヘアアイロンでストレートにのばします。

綺麗なストレートになったらヘアスタイルをキープする為のムース等のスタイリング剤を髪に全体的に馴染ませます。ここまで終わったら巻いていきやすいように適当に髪を分けて上下にブロッキングします。では、巻き始めましょう。最初にサイドから巻きます。ヘアアイロンを使いますが、毛先を折らないように巻くときれいに巻けます。毛先を空いてる手でもって巻きましょう。

両サイドを巻き終ったら、次はバックを巻きます。
後ろは巻きにくいですが慣れれば手早くできるようになります。ここで毛束のブロックははずして、トップにホットカーラー(太め)を巻きます。バランスのとれたボリューム感がでます。

最後にトップと残りのサイドを巻いてホットカーラーをはずせば、完成です。巻き髪のカールを長持ちさせるために、最後にソフトワックスなどのスタイリング剤を、少しつけておきましょう。これで、綺麗な巻き髪にまとまります。


コテの使い方できれいな巻き髪が作れる [巻き髪]

ファッション誌を見ているとモデルさんはみんなキレイな巻き髪になっていますね。プロにしてもらってるんだから当り前と思うでしょうが、巻き髪はそれほど難しいものでもありません。巻き髪には、内巻きに巻く「フォワード」と、外巻きに巻く「リバース」の2種類があります。フォワードスタイル・リバーススタイルは一般的な巻き髪ですが、二つをミックスしてつくる巻き髪は、モデルさんなどのヘアースタイルに多く見られます。この二つを組み合わせた巻き髪を作るには、コテの使い方がポイントです。

コテの温度は150度くらいにすると、くるくる不自然な髪でなく、ソフトな自然な巻き髪に仕上がります。まずコテの温度調整がポイントですね。流れるようなカールを作るコツは、髪をコテではさんだら、そこで固定しないで、毛先に向かって流していくことです。崩れを防ぐには、巻きはじめの前に柚水などの巻き髪専用ウォーターを使用するといいですよ。

使うコテの大きさは太めがいいようですね。33~38mmのものがいいでしょう。なお、ロングヘアのほうが太いコテで、ミディアムなら細めのほうが顔のバランスがよくなります。失敗はおそれないでください。失敗したら、霧吹きで髪をぬらして解かせばもとに戻ります。そしてしっかり乾かしてから丁寧に巻きましょう。

コテは高温なので、長時間髪にあて続けたり引っ張ったりすると髪が傷んでしまいます。実は水分が残ると熱が髪に伝わりやすくなってダメージの原因になるのです。ですから、髪を完全に乾かしてからコテを使うことが美髪を守るポイントなのです。


パーティーに上品な巻き髪で [巻き髪]

人気の巻き髪。今年の秋こそチャレンジしてみたいと思っているひともたくさんいるでしょうね。エレガントなニュアンス巻きの巻き方のコツのポイントがあるので押さえておいてください。それは、まず巻く前にきちんと髪を乾かすことなんです。髪を綺麗に乾かすことで、巻き髪の出来上がりが違ってくるんです。髪の根元にドライヤーの風で空気を入れる感じで乾かすと、巻きやすくなります。完全に乾くまでしっかりと乾かしましょう。

完全に乾かしたら巻いていきます。毛先は残してから巻きます。巻き始めは毛先から大体3センチから5センチ位のところから始めましょう。
そうする事で髪全体が柔らかい感じになります。

巻き方ができたら、前髪のバランスをきめていきます。前髪もボリュームをださないとバランスが悪くなります。髪の根本を少しずつドライヤーをあてていくとボリューム感がでます。厚めバングは小顔効果もあるので、前髪は厚めにとりましょう。ドライヤーでサイドに向けて自然な流れを作っていきます。

これでエレガントな巻き髪の出来上がりです。ちょっとしたコツで簡単にできるんですね。トップやアクセサリーもちょっとエレガントなものを合わせてみるとさらに大人っぽく演出できます。


巻き髪の髪型やメークトピックスが泡カラー、レトロエレガンス、磁気シャワーダイエットなどの情報で、あなたのの役に立つとうれしいです。
巻き髪の簡単へアスタイルアレンジとメイク術 / ツーブロックの簡単へアスタイルとメイク方法 / ミディアムのへアスタイルとメイク / 黒髪のへアスタイルとメイク / アシメのへアスタイルとメイク /

恋したときのヘアスタイル [巻き髪]

かわいい女に見られたいって多くの女性がそう思ってます。恋をするとキレイになるっていわれますが、好きな人ができると、メイクやファッションや立ち振る舞いもビィビィドになるものです。

最近の女性の中には、相手に合わせるより、自分のスタイルを大切にして、ありのままの自分の個性を認めてほしい、と考える人も多いようですが、やっぱり好きになったら、その人の好みのスタイルに近づけたいと思うのも、女性ならではの心理です。一般的に男性に好まれるヘアスタイルはロングヘアだといわれることが多いようです。
すらっと長く伸びた綺麗な髪は男性には無いもの。自分では得られないものには、誰でもあこがれますし、長めの巻き髪の色香が好きだとか、髪から香るシャンプーの匂いが良いという方もいらっしゃるようです。

でも大部分の男性がロングヘアを好きだと言うわけではありません。中にはショートヘアが好きな男性もいますし、その人に似合う髪型ならいいんじゃないか、という男性もいます。好きな人の気に入っているヘアスタイルにしたいと思ったら、それとなく本人に聞いてみるのがいいでしょう。恋人同士なら気軽に聞くことも出来ますし、片思いの相手だったとしても、ちょっとした会話のきっかけになりますよね。

でも、相手の好みの髪型が、どうも自分には似合いそうも無いときには、むりに相手に合わせるのはやめたほうがいいでしょう。自分らしい髪型で、自信がもてるヘアスタイルのほうが、ずっとあなたが素敵に見えるはずです。今のヘアスタイルが魅力的な貴女を作っているのなら、相手に合わせて変える必要はないんです。一応好きな人の好みも知っておいてもいいかな、と言う位の気持ちでいるのがいいでしょう。


巻き髪が短時間に簡単に仕上がる・・・ [巻き髪]

短時間で自分で巻き髪ができるなら、「やってみたい」って思いませんか?

まず髪全体を2つの毛束にします。さらにそれぞれを2つの毛束に分けます。そしたら巻き始めますが、まず、バックに分けた方の髪をコテでフォーワード巻きにします。フェイスライン側の毛束もフォーワード巻きに巻きます。

顔周りの髪は、顔の輪郭に沿ってフォワードに巻いていきますが、こうすることによって小顔効果が出るんです。簡単に巻き髪が出来て、しかも小顔に見えるなんて、嬉しいですね!最後に巻き髪をナチュラルな、ゆるふわ巻きにするための仕上げです。それは巻き終わった髪をほぐすことです。ここで巻いた髪をいったんほぐすことで、ふんわり自然な巻き髪が出来るんです。

仕上げに少量のワックスやヘアクリームをつけて、ほぐします。このとき付けすぎだけは避けてくださいね。いかがですか?
これなら朝の忙しいお出掛け前でもササッとできますね。
ぜひ覚えてフワフワ巻き髪でさわやかな一日をスタートさせて下さいね。


コンサバ系ヘアスタイル [巻き髪]

「モテる髪型にしてください」なんて美容室でオーダーする女性もいるようですが、モテ髪ってどんな感じのことをいってるんでしょうか?コンサバ系っていわれている髪型が、もてる髪型のようですね。でもコンサバ系っていったい・・・。

実は、コンサバというのは、コンサバティブの略語で、控えめとか保守的などの意味なんです。髪型に限らずファッションでも、流行りやトレンドに流されないベーシックなスタイルの事らしいです。そして最近のコンサバの流行りは「お嬢様系」らしいです。

つまり最近流行りのモテ髪はお嬢様系のふんわりクルクルエアリーな巻き髪スタイルという事みたいですね。エビちゃんとか押切もえさんなどの読者モデルさんで人気の髪型がこの巻き髪です。

巻き髪だけでもてるとはいいませんが、髪で印象ががらりと変わるのは間違いないです。もちろん、メイクやコーデも研究してトータルでモテかわになっちゃいましょう。


自分で巻き髪を作る方法 [巻き髪]

巻き髪って上品でお嬢さまっぽいイメージがあって、自分では無理って思いこんでませんか?巻き髪のやりかたは、案外簡単でやりかたを覚えれば、自分でもびっくりするぐらいのイメチェンになりますよベースをきれいめのストレートにすると巻き髪もキレイに作れます。まずヘアアイロンでストレートにのばします。

綺麗なストレートになったらヘアスタイルをキープする為のムース等のスタイリング剤を髪に全体的に馴染ませます。ここまで終わったら巻いていきやすいように適当に髪を分けて上下にブロッキングします。では、巻き始めましょう。最初にサイドから巻きます。ヘアアイロンを使いますが、毛先を折らないように巻くときれいに巻けます。毛先を空いてる手でもって巻きましょう。

両サイドを巻き終ったら、次はバックを巻きます。
後ろは巻きにくいですが慣れれば手早くできるようになります。ここで毛束のブロックははずして、トップにホットカーラー(太め)を巻きます。バランスのとれたボリューム感がでます。

最後にトップと残りのサイドを巻いてホットカーラーをはずせば、完成です。巻き髪のカールを長持ちさせるために、最後にソフトワックスなどのスタイリング剤を、少しつけておきましょう。これで、綺麗な巻き髪にまとまります。


コテの使い方できれいな巻き髪が作れる [巻き髪]

ファッション誌を見ているとモデルさんはみんなキレイな巻き髪になっていますね。プロにしてもらってるんだから当り前と思うでしょうが、巻き髪はそれほど難しいものでもありません。巻き髪には、内巻きに巻く「フォワード」と、外巻きに巻く「リバース」の2種類があります。フォワードスタイル・リバーススタイルは一般的な巻き髪ですが、二つをミックスしてつくる巻き髪は、モデルさんなどのヘアースタイルに多く見られます。この二つを組み合わせた巻き髪を作るには、コテの使い方がポイントです。

コテの温度は150度くらいにすると、くるくる不自然な髪でなく、ソフトな自然な巻き髪に仕上がります。まずコテの温度調整がポイントですね。流れるようなカールを作るコツは、髪をコテではさんだら、そこで固定しないで、毛先に向かって流していくことです。崩れを防ぐには、巻きはじめの前に柚水などの巻き髪専用ウォーターを使用するといいですよ。

使うコテの大きさは太めがいいようですね。33~38mmのものがいいでしょう。なお、ロングヘアのほうが太いコテで、ミディアムなら細めのほうが顔のバランスがよくなります。失敗はおそれないでください。失敗したら、霧吹きで髪をぬらして解かせばもとに戻ります。そしてしっかり乾かしてから丁寧に巻きましょう。

コテは高温なので、長時間髪にあて続けたり引っ張ったりすると髪が傷んでしまいます。実は水分が残ると熱が髪に伝わりやすくなってダメージの原因になるのです。ですから、髪を完全に乾かしてからコテを使うことが美髪を守るポイントなのです。


パーティーに上品な巻き髪で [巻き髪]

人気の巻き髪。今年の秋こそチャレンジしてみたいと思っているひともたくさんいるでしょうね。エレガントなニュアンス巻きの巻き方のコツのポイントがあるので押さえておいてください。それは、まず巻く前にきちんと髪を乾かすことなんです。髪を綺麗に乾かすことで、巻き髪の出来上がりが違ってくるんです。髪の根元にドライヤーの風で空気を入れる感じで乾かすと、巻きやすくなります。完全に乾くまでしっかりと乾かしましょう。

完全に乾かしたら巻いていきます。毛先は残してから巻きます。巻き始めは毛先から大体3センチから5センチ位のところから始めましょう。
そうする事で髪全体が柔らかい感じになります。

巻き方ができたら、前髪のバランスをきめていきます。前髪もボリュームをださないとバランスが悪くなります。髪の根本を少しずつドライヤーをあてていくとボリューム感がでます。厚めバングは小顔効果もあるので、前髪は厚めにとりましょう。ドライヤーでサイドに向けて自然な流れを作っていきます。

これでエレガントな巻き髪の出来上がりです。ちょっとしたコツで簡単にできるんですね。トップやアクセサリーもちょっとエレガントなものを合わせてみるとさらに大人っぽく演出できます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。