So-net無料ブログ作成
検索選択

あなたもキレイになる努力を続けるうちに、不思議ともっとキレイになりたい!という気持ちが増して、ますます魅力が増していきます。

キレイな女性には例外なく努力されてる方が多いですよね。感心してしまいます。

いつでも美しく、自信に満ちた、清々しく、若々しい表情をアイテムがもたらしてくれます。

コテの使い方できれいな巻き髪が作れる [巻き髪]

ファッション誌を見ているとモデルさんはみんなキレイな巻き髪になっていますね。プロにしてもらってるんだから当り前と思うでしょうが、巻き髪はそれほど難しいものでもありません。巻き髪には、内巻きに巻く「フォワード」と、外巻きに巻く「リバース」の2種類があります。フォワードスタイル・リバーススタイルは一般的な巻き髪ですが、二つをミックスしてつくる巻き髪は、モデルさんなどのヘアースタイルに多く見られます。この二つを組み合わせた巻き髪を作るには、コテの使い方ポイントです。

コテの温度は150度くらいにすると、くるくる不自然な髪でなく、ソフトな自然な巻き髪に仕上がります。まずコテの温度調整がポイントですね。流れるようなカールを作るコツは、髪をコテではさんだら、そこで固定しないで、毛先に向かって流していくことです。崩れを防ぐには、巻きはじめの前に柚水などの巻き髪専用ウォーターを使用するといいですよ。

使うコテの大きさは太めがいいようですね。33~38mmのものがいいでしょう。なお、ロングヘアのほうが太いコテで、ミディアムなら細めのほうが顔のバランスがよくなります。失敗はおそれないでください。失敗したら、霧吹きで髪をぬらして解かせばもとに戻ります。そしてしっかり乾かしてから丁寧に巻きましょう。

コテは高温なので、長時間髪にあて続けたり引っ張ったりすると髪が傷んでしまいます。実は水分が残ると熱が髪に伝わりやすくなってダメージの原因になるのです。ですから、髪を完全に乾かしてからコテを使うことが美髪を守るポイントなのです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
巻き髪の髪型やメークトピックスが泡カラー、レトロエレガンス、磁気シャワーダイエットなどの情報で、あなたのの役に立つとうれしいです。
巻き髪の簡単へアスタイルアレンジとメイク術 / ツーブロックの簡単へアスタイルとメイク方法 / ミディアムのへアスタイルとメイク / 黒髪のへアスタイルとメイク / アシメのへアスタイルとメイク /

コテの使い方できれいな巻き髪が作れる [巻き髪]

ファッション誌を見ているとモデルさんはみんなキレイな巻き髪になっていますね。プロにしてもらってるんだから当り前と思うでしょうが、巻き髪はそれほど難しいものでもありません。巻き髪には、内巻きに巻く「フォワード」と、外巻きに巻く「リバース」の2種類があります。フォワードスタイル・リバーススタイルは一般的な巻き髪ですが、二つをミックスしてつくる巻き髪は、モデルさんなどのヘアースタイルに多く見られます。この二つを組み合わせた巻き髪を作るには、コテの使い方ポイントです。

コテの温度は150度くらいにすると、くるくる不自然な髪でなく、ソフトな自然な巻き髪に仕上がります。まずコテの温度調整がポイントですね。流れるようなカールを作るコツは、髪をコテではさんだら、そこで固定しないで、毛先に向かって流していくことです。崩れを防ぐには、巻きはじめの前に柚水などの巻き髪専用ウォーターを使用するといいですよ。

使うコテの大きさは太めがいいようですね。33~38mmのものがいいでしょう。なお、ロングヘアのほうが太いコテで、ミディアムなら細めのほうが顔のバランスがよくなります。失敗はおそれないでください。失敗したら、霧吹きで髪をぬらして解かせばもとに戻ります。そしてしっかり乾かしてから丁寧に巻きましょう。

コテは高温なので、長時間髪にあて続けたり引っ張ったりすると髪が傷んでしまいます。実は水分が残ると熱が髪に伝わりやすくなってダメージの原因になるのです。ですから、髪を完全に乾かしてからコテを使うことが美髪を守るポイントなのです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。